建築作品

嵐山カントリー倶楽部クラブハウス

「日本におけるモダンムーブメントの建築174選」に選出

 

嵐山カントリー倶楽部のクラブハウスが、2013年度の選定作品として新たに「日本におけるモダン・ムーブメントの建築174選」に選定されました。

 

クラブハウスは、天野太郎氏が設計した作品としての評価に加え、竣工後の増改築により外観等は大きく変化しておりますが、現役のクラブハウスとしての機能性を保持しながら創建時の姿に再生される途上というモダン・ムーブメントの保存再生プロセスを示す事例としても貴重とされ、今回の選定にいたりました。

 

DOCOMOMO Japanでは、1999年に日本の近代建築20選を選定し、2003年9月には、これに80件を加えて100件とし、日本におけるモダン・ムーブメントの建築を100件選定。その後さらに、2005年に15件、2006年に10件、2007年に10件、2008年に10件、2009年に5件、2012年に14件、2014年(2013年度)に10件が新たに追加され、2014年現在では174選となっています。

概要

所   在   地 埼玉県比企郡嵐山町
竣        工 1961年
設 計 監 理 天野太郎 研究室 保存再生設計監理 メグロ建築研究所
構造・用途 鉄筋コンクリート造
建 物 規 模 地下1階 地上2階
  • 会社案内パンフレット
  • Corporate Message Movie
  • A・レーモンドと白石建設
  • 品質・コストマネイジメント
  • 打ち放しコンクリート造構法
  • 環境共生への取り組み