技術とソリューション

打ち放しコンクリート造構法のパイオニア

昭和25年、レーモンド設計事務所と共に取り組んだ「スタンダード石油横浜社宅」において、打ち放しコンクリートの施工を行いました。

戦後まもない時代でコンクリートの建物は珍しいものでした。当時、硬いコンクリートを要求され厳密な施工を行った結果、現在の横浜国大でコンクリートの強度試験行ったところ、その硬さに驚かれたものでした。

その後、日本におけるパイオニア的な存在として、数多くの作品を手がけてきました。 その高精度施工の技術が高く評価され、打ち放し建物のご依頼を多く受けております。

昭和41年当社が施工した寺の本堂の竣工写真。 柱は放物線を描くように登っていきR形状の梁と取り合っている。 壁もR状で上部に絞られている。RC打放し仕上げの建築物で、当時としてはとてもモダンなデザインとして脚光を浴びた作品です

化粧ベニヤ型枠 化粧ベニヤ型枠

装飾を施した施工 装飾を施した施工

花びらを重ねた形状の柱型。 円形や多角形を連続さた天井。 花びらを重ねた形状の柱型。 円形や多角形を連続さた天井。

講堂:多重リブ゙天井 講堂:多重リブ゙天井

廊下:杉板本実の壁 廊下:杉板本実の壁

多角形スラブ天井 多角形スラブ天井

  • 会社案内パンフレット
  • Corporate Message Movie
  • A・レーモンドと白石建設
  • 品質・コストマネイジメント
  • 打ち放しコンクリート造構法
  • 環境共生への取り組み