CSR

  • ホーム
  • CSR
  • 品質・安全衛生・環境分野の基本方針

品質・安全衛生・環境分野の基本方針

品質・安全衛生・環境の確保は建設事業を支える重要なファクターであり、企業存続の根幹です。

関係法令をはじめとする社会的な要求事項に対応できる適正で効果的な事業体制を確立・改善することで、事業を 効率的に推進するとともに、顧客や社会からの信頼に応えます。

品質方針

  1. 顧客が要求し期待する建造物を安全に、より高い品質で、より適切な工期で、より低コストで提供する。
  2. 一人一人が技術者としての自覚を持ち、研究を怠らず、技術力の確保・向上を目指す。
  3. 顧客に満足する建造物を提供するために、設計図面では表現できない施工面での仕上げや品質管理を厳格に行い、 業績向上維持を図る。

安全への取り組み

基本理念

当社は、「人命尊重」を最優先とし、安全衛生活動を積極的に展開し安全で快適な職場環境の 形成を目指します。

基本方針

  1. 労働安全衛生に関する法令、並びに、当社の安全衛生に関する規程・基準を順守する。
  2. 労働安全衛生の規律・基準のもと、施工管理と一体化しその運用と展開をはかる。
  3. 全社員並びに協力会社の協力のもとに、安全衛生活動を適切に実施し、安全衛生水準の向上に取り組む。
  4. 安全衛生の重要性を全社員並びに協力会社が理解し、安全衛生教育を徹底する。
  5. 安全衛生活動の継続的な改善により、安全と健康の確保を行い快適な職場環境を形成する。

環境方針

  1. 事業活動の中で環境保全活動に取り組むと共に、継続的に改善を図っていく。
  2. 資源の有効活用に取り組み、廃棄物の発生抑止(リデュース)・再利用(リユース)・再生利用(リサイクル)を進める。
  3. 電力の消費に伴う二酸化炭素排出量の削減、有害物質を含まない材料の使用により環境の維持・向上を進める。
  4. 環境に配慮した製品、工法の積極的な採用を目指して、情報提供、提案を行なう。
  5. 環境保全を目的とする法規制、並びに当社が同意する協定や指針その他の要求事項を順守する。

環境自主行動計画

基本理念

当社は、昭和24年の創業以来、「品質は全てに優先する」をスローガンに技術革新に努め、人と地球に“やさしい”ものづくり” を念頭に工業施設、商業施設、マンション、戸建てなどさまざまな建設に参画し、都市、地域社会に貢献してまいりました。

また土地活用のコンサルティング、設計、施工管理までトータルにプロデュースすることで確かな品質と安心感のあるサービスを 提供してまいりました。

そしていま、地球温暖化や都市機能の高度化・多様化が加速するこの時代をチャンスと捉え、永年培ってきた技術力を ベースに新しい発想とチャレンジ精神をもって未来へと継承すべき安全で快適な建物をより多く創造し、品質と顧客満足度の 向上を追及してまいります。

基本方針

  1. 地球環境保全に役立つ商品・サービスを提供します。
  2. 地球温暖化防止に努めるとともに、生物多様性の保全に配慮します。
  3. すべてのサービスにおいて、継続的な環境負荷低減に努めます。
  4. 環境関連法規、条約などの遵守に努めます。

数値目標

CO2排出量を前年度比で1%削減することを目標とする。

実施対策

  1. 空調設定温度の調整
  2. 空調、照明使用の見直し徹底
  3. 看板照明の点灯時間短縮
  4. 空調機器の定期的なメンテナンス
  5. 高効率空調照明機器への更新
  • 会社案内パンフレット
  • Corporate Message Movie
  • A・レーモンドと白石建設
  • 品質・コストマネイジメント
  • 打ち放しコンクリート造構法
  • 環境共生への取り組み