採用情報(新卒)

A・Ⅰさん/2020年4月入社/工事部

なにもない場所に、建物をつくりあげていくことの楽しさ

――白石建設を知ったきっかけは何ですか。

もともとは「設計」希望でしたが、「施工管理職」も面白そうだなあと思い当時担任の先生に進路を相談したところ、白石建設を薦められました。その後白石建設の会社説明会を受けにいき、白石建設がデザイン性に優れた建物や、学校の教科書や雑誌に掲載されるような価値のある建物を施工していることを知り魅力に感じました。白石建設は受賞されるような建物も非常に多く施工していて、わたしも建築業界で認められるような作品やデザイン性に優れた建物を一からつくりあげたい、という思いから白石建設に入社を決めました。現在は、何もなかった更地から、建物が建った瞬間にやりがいを感じていて、毎日楽しく建物づくりに励んでいます!白石建設は若手のうちからいろんなことを経験できるので、覚えることも多いですが、成長を求める人にはもってこいの場所だと思っています。

 

――キャリアアップの為に取り組んでいることは何ですか。

現在は、所長になるのを目標としています。その為には、幅広い知識と経験が求められます。知識を深めるために、資格の勉強をしていて休日は、学校に通っています!仕事と休日のON・OFFは、しっかり切り替えられるので、休みの日は勉強の時間をたっぷり確保して勉強に励むことができます。

 

――施工管理職を通して身についたスキルを教えてください。

施工管理職は管理という言葉が入っているだけあって、マネジメント能力は身についてきたと感じています。私たちの仕事は当たり前のことですが、納期内に建物を完成させることが求められています。納期内に間に合うように重要なのは『人の管理』『時間の管理』です。私は、職人さんに指示をする際には、相手が理解して作業を行うことが出来るように、必ず指示書を作成しています。指示書の書き方一つに対しても、使用する材料や道具の場所も記載していて指示書をみればどこに何が置いてあるか一目で分かるように工夫しています。伝え方に関しても、伝え方一つで作業の効率も変わるため、わたしは所長が職人さんに出す指示も気にして聞いています。所長の指示は非常にわかりやすく作業の進み具合がスムーズです。時間の管理をとっても所長は、半年後のスケジュールまで読んで指示を考えているので私もこれからもっといろんな経験を積み、より高いマネジメント能力を身に着けていきたいと思います。

 

――施工管理職として活躍している人とはどういう人だと思いますか。

職人さんは白石建設の複数の現場を行き来しているため、「●●さんは、こちらの要望も親身になって聞いてくれて解決しようといろんな方法を考えてくれて助かった!」など、職人さん伝えで聞く社員は、職人さんからの信頼も厚いですし、活躍しているなと感じます。施工管理職では、情報を聞くこと、伝えることが多いので、活躍できる人の共通点でいうと、相手の気持ちを汲み取ったコミュニケーションを自ら積極的にとりにいける人が多いと思います。

 

  • 会社案内パンフレット
  • Corporate Message Movie
  • 2019’ 創立70周年 記念コンテンツ