採用情報(新卒)

Y・Oさん/2017年4月入社/工事部所属

Y・Oさん Y・Oさん

――白石建設に入社しようと思ったきっかけや決め手について教えて下さい。

元々は構造系の仕事に興味があって、企業もそういったところを探していました。でも就活をしているうちに、段々と「現場に出た方が建築について直接学べるし、幅広く勉強が出来るんじゃないか」と思うようになって、現場に出られる仕事をしよう、と思い直しました。それが大学3年の後期頃のことです。

――白石建設に入社しようと思ったきっかけや決め手について教えて下さい。

元々は構造系の仕事に興味があって、企業もそういったところを探していました。でも就活をしているうちに、段々と「現場に出た方が建築について直接学べるし、幅広く勉強が出来るんじゃないか」と思うようになって、現場に出られる仕事をしよう、と思い直しました。それが大学3年の後期頃のことです。

そこからはゼネコンを中心に企業探しをしましたが、せっかく建設会社で仕事をするのなら、色々な種類の建物を手がけるような企業が良いなと考えました。そんな時に白石建設のことを大学の先生から教えてもらって、用途も様々で見た目もユニークな建物を多く手がけていると知って、興味を持ちました。

あとは、自分の学校と縁のある会社に入りたいとも思っていたので、卒業生が在籍していると知り、採用選考を受けることにしました。

 

――Oさんの業務内容について教えて下さい。

今は、安全関連の業務を主に行っています。例えば安全日誌の作成や、KY(危険予知)活動の書類の作成、現場に設置する安全看板の作成などです。

他には配筋や使う材料等の写真を撮影したり、その写真を工程毎にまとめて整理したりします。

現場に出ているときは巡視をしたり、先輩の墨出し作業を手伝いながらやり方を教えてもらったり、職人さんに指示書を渡して工事の指示をしたりしています。必ず大きめのノートを持ち歩いて、気付いたことや教えてもらったことを書き込むようにしています。

 

――現場で大変だったことや、予想外なことはありましたか?

入社してすぐの頃は、当然職人さんの名前も分からなかったので、話かけるのに少し勇気が必要でした。名前を覚えてからは、そういった苦労もなくなりました。現場では職人さんの方から声をかけてくれることも多いですし、割と早いうちに、気さくに話せる関係を築くことができました。

それと、入社前に自分がイメージしていた「施工管理」の仕事内容は、所長クラスの業務だったので、その下についてサポートをする若手社員や主任クラスの業務内容までは想像が出来ていませんでした。なので、最初は少し驚くこともありました。今では、自分の仕事が結果的に現場の運営や所長の仕事に繋がっていることが分かるようになりました。

 

――Oさんから見て、白石建設はどんな会社だと思いますか。

先輩や所長の様子を見ていて、職人さんとすごく仲が良いんだなと感じました。

先輩達も頼れる人ばかりなので、相談事や質問がある時は積極的に声をかけています。

それと、他の会社だと担当の工事が決められていてその範囲の業務しか携われないというケースも中にはあるかと思いますが、白石建設では工事に全般的に関われるので、そこは良い点だと思っています。

 

  • 会社案内パンフレット
  • Corporate Message Movie
  • A・レーモンドと白石建設
  • 品質・コストマネイジメント
  • 打ち放しコンクリート造構法
  • 環境共生への取り組み