採用情報(新卒)

Y・Hさん/2015年4月入社/工事部所属

「本当にこの会社でいいのか?」今は白石に来て良かったと思う。

Y・Hさん Y・Hさん

――現在のお仕事内容を教えて下さい。

まず朝出勤したら事務所の掃除をしています。その後は毎日ある朝礼の司会をします。本当は人前に出るのは苦手なのですが、配属されてから毎日やっています。

朝礼の後は現場の安全確認と作業確認ですね。現場を何周かして、危険な作業をしていないか、危険な箇所はないか、職人さんたちはちゃんと頼んだ通りに仕事をしているか、どこまで作業が進んでいるか、などの確認をします。それと、職人さんに材料の発注を頼まれることもあるのでその発注や、現場で必要な資材を発注するのも自分の仕事です。

――入社したきっかけは何でしたか?

大学の先輩が白石建設に在籍していたのでそこで初めて白石の名前を知り、気になって会社のことを調べました。そのときに白石建設は有名な建築家さんと一緒に色々な建物を建てていることや、一風変わった建物や施工の難しそうな建物を施工していることを知りました。雑誌の『新建築』にも作品が複数載っていると聞いて、白石建設ならやりがいを感じながら仕事ができそうだな、と思いました。大手のゼネコンさんでも出来ないようなおしゃれな建物が建てられるかもしれない。そこに魅力を感じました。

それと、会社説明会などで社員と会って話をしたときに、とてもアットホームな会社だなと感じました。社員同士がとても仲が良く、働きやすそうな環境だなと感じたので、それが最終的な決め手になりました。

 

――就職活動中に悩んだことはありますか?

実は、他の会社からもいくつか内定を頂いていたんです。白石建設よりも規模が大きい会社もありました。そんな時に「自分は本当にこの会社でいいのか?」とすごく悩みました。大手のゼネコンもまだまだ採用活動をしている時期だったのもあって、「これで就活を終わりにしてしまっていいのか?」と。でも大学の先生や職人をしている父に白石建設のことを聞いてみると、良い評判ばかりだったんです。直接仕事で関わる人たちが評価している会社ならきっと大丈夫だろうと思い、入社を決めました。

今実際に働いてみて、新人なのに色々な仕事を任せてもらっているし、難しいところは先輩がフォローをしてくれる。配属された現場も僕がやりたかったおしゃれな建物なのでとてもやりがいがあるし、白石建設に入社して良かったなあと思っています。

 

――就活生の皆さんにアドバイスをお願いします!

自分で言うのもなんですけど、学生時代は結構頑張って勉強していたんです。でも実際に働いてみると、全然分からないことだらけでした。最初の頃はもしかして外国に来てしまったのではないかってくらい、周りの人たちの会話についていけないのが大変でした。もし施工管理として現場に出たいと思うなら、専門用語を覚えておくといざ現場に入ったときに仕事がスムーズにいくのではないかと思います。

勉強以外でも、学生のうちは一番時間があると思うので、たくさん遊びながら、色んなことに手を出してみるのが良いと思います。

  • 会社案内パンフレット
  • Corporate Message Movie
  • A・レーモンドと白石建設
  • 品質・コストマネイジメント
  • 打ち放しコンクリート造構法
  • 環境共生への取り組み